日々のこと

精神科医のおもに読書日記

カズオ・イシグロ『忘れられた巨人』

カズオ・イシグロ忘れられた巨人』が10月14日ハヤカワepi文庫に。まるでノーベル賞を予見していたかのようなタイミングです。

 

民族とその記憶についての物語。その詳細についてはすでに多くの場所で語られていますから、少し趣旨の違う話をします。

 

「問い」から生まれるファンタジー:問題作『忘れられた巨人』をカズオ・イシグロが語る|WIRED.jp

 

旅する老夫婦アクセルとベアトリスが主人公ではあるけれど、旅の途中で出会うサクソン人の戦士ウィスタンやブリトン人の騎士ガウェインにもそれぞれ深い物語があります。そして村を追われたエドウィン少年の成長も大事な柱です。

戦争で足を失い厄介者扱いされている老戦士がいます。村でただ一人彼だけがエドウィン少年の戦士としての才能を見抜く。みなしごでいじめられている彼に対して、「お前は誰もが恐れるような戦士になるだろう」と告げる。

この本は、民族の対立、戦争の歴史、憎悪の連鎖と記憶についての物語ですが、同時にブリトン人の老夫婦からサクソン人のエドウィン少年へ人種を越えて何かが受け継がれる物語でもあります。